ホワイトニングについて

MENU

オフィスホワイトニングとは

「歯の黄ばみが気になる」という方の中には、
「ホワイトニングをしてみたい」と考えている方も多いと思います。

 

歯というのは、会話の際や笑った時などには目がいく部分でもありますから、
黄ばみなどがあると気になってしまいますよね。

 

「黄ばみが、ひどくなっている」という方の中には、
「人前で笑うことが出来なくなってしまった」という方もいるのではないでしょうか。

 

では、ホワイトのニングの種類のひとつ、オフィスホワイトニングについてご紹介しましょう。

 

ホワイトニングを行う際には様々な方法がありますが、
オフィスホワイトニングは歯医者さんなどで行うホワイトニング方法となっています。

 

もちろん、歯科医などにケアを行ってもらうことが出来ますから、とても安心なんですよ。

 

オフィスホワイトニングのメリットとしては、速効性があるということ。

 

また、自分でケアを行う手間もありませんから、
歯医者さんに足を運ぶだけで歯を綺麗にすることが出来ます。

 

ホワイトニングを行う際には、専用のホワイトニング剤を用いてケアを行っていくため、
歯を削ることはありません。
色素だけを分解し、白くすることが出来ますから、
短期間で効果を発揮することが出来るんですよ。

 

ただし、オフィスホワイトニングの場合には、ケア後の食事などにより元に戻りやすいということ。
持続性が低いため、定期的にケアをしていくことが必要となります。

 

個人差はありますが、3ヵ月から6カ月程度で持続力が低下してしまいますから、
気になったらまた歯医者でのケアが必要となります。
そうなれば、当然費用もかかるということ。
 
このように、ホワイトニングを行う際にはプロに依頼するオフィスホワイトニングという方法があります。
メリットもデメリットもありますから、これらも含めて考えていく必要があるでしょう。

ホームホワイトニングとは

「歯の黄ばみをケアしたいけれど、歯医者に行かずにケアをしたい」と考えている方もいると思います。

 

歯医者というと、苦手な方も多いでしょうから
「出来るだけ、行きたくない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

プロにお願いすれば安心してケアが出来ますが、
その分手間もお金もかかってしまいますからね。

 

では、そんな方におすすめのケア方法、ホームホワイトニングについてご紹介しましょう。

 

ホームホワイトニングは、自宅でケアを行っていく方法。
どのようにケアを行っていくかというと、
歯科医などで制作したマウスピースを用いてケアを行っていきます。

 

専用のホワイトニング剤をマウスピースなどに入れ、
それを自宅で数時間装着してケアを行っていきます。

 

日本では、まだ普及していない方法とはなっていますが、
アメリカなどではポピュラーなケア方法となっています。

 

ホームホワイトニングのメリットは、効果が持続しやすいということ。
オフィスホワイトニングは、3ヵ月から6ヵ月程度の効果と言われていますが、
ホームホワイトニングの場合には1年から2年は効果が持続すると言われています。

 

「手間や費用をかけたくない」と考えている方にとっては、
理想的なケア方法ともいえるのではないでしょうか。

 

しかし、ホームホワイトニングには速効性がないというデメリットもあります。

 

ケアをはじめてから、2週間程度経たなければ効果を実感することは出来ませんから、
「すぐにでも、歯を白くしたい」と考えている方にとっては、
不向きなケア方法かもしれませんね。

 

このように、ホームホワイトニングは自宅で気軽に行えるケア方法とはなりますが、
デメリットもあるため、どういった目的ではじめるかによって変わってくるでしょう。

 

 

更新履歴