ホワイトニングが出来ないケース

MENU

ホワイトニングが出来ないケース

美しい歯を手に入れるためにホワイトイニング治療を受ける人が増えています。
歯科医院だけでなく、デンタルエステをはじめとした様々な場所でホワイトニングという施術は広まっているのです。
今回は、そんなホワイトニングを受けられないケースについて詳しく見ていきましょう。
そもそもホワイトニングは、永久歯を白くするための施術です。
そのため、義歯を白くしてほしいという要望には応えられません。
例えば、前歯の1本が義歯で、それを含めて白くしたいという場合には義歯を新しいものに変えたうえでその他の歯をホワイトニングするといった施術に切り替わることもあり得ます。

 

また、もともと歯の色が濃い傾向にある人はホワイトニングの効果が低くなる傾向にあります。
神経を失った歯は変色していく性質を持っており、ホワイトニング治療を受けたとしてもそれは続きます。
こうしたケースに当てはまる場合は、歯の表面ではなく象牙質にあたる部分を白くするという施術を勧められることでしょう。
最も注意していただきたいのは、妊娠されている方です。

 

一般的に、妊娠している最中のホワイトニングはおすすめ出来ません。
ホワイトニングの薬液でよく利用される過酸化水素水は、妊娠している方が控えるべき物質とされているからです。
歯科医院でのホワイトニング治療では、基本的に過酸化水素水が用いられます。
オフィスホワイトニングやホームホワイトニングといった種類のホワイトニングでも、過酸化水素水を原料とした薬液の使用が一般的です。
ただし、過酸化水素水を使っていない薬液も存在するため、妊娠中の方はこうした薬液を採用した施設でホワイトニングを受けると良いでしょう。

 

ホワイトニングについて興味があるならここhttp://www.noah-dental.com/