ホワイトニング後の知覚過敏

MENU

ホワイトニング後の知覚過敏

ホワイトニングとは歯の表面に特殊な薬液を塗布することで、くすみや黄ばみが沈着した歯を白く見せるための施術です。
審美歯科を中心に行われるこちらの施術では、ホワイトニングの焼き液が歯茎に染みる、いわゆる知覚過敏の症状が起きることがあります。
今回は、ホワイトニングによる知覚過敏への対策について詳しく見ていきましょう。
ホワイトニングによる知覚過敏は、薬液に配合された過酸化水素という物質が原因です。
施術に痛みを予防したいのであれば、過酸化水素を利用しない薬液を使ってもらうように歯科医院でお願いすると良いでしょう。
具体的には、ポリリン酸や二酸化チタンといったといった物質が主成分のホワイトニング用薬液が利用されています。

 

ただし、白さの度合いに関しては過酸化水素水が最も強いことを覚えておきましょう。
過酸化水素水の薬液から変更することなく知覚過敏に対処したいという場合は、根本となる原因に対処する必要があります。
知覚過敏が怒る原因としては虫歯や歯周病が考えられます。
ホワイトニング治療を受ける前にこういった歯科疾患を治しておいた方が、今後の口内衛星にとってもプラスといえます。
知覚過敏は歯のエナメル質が摩耗し、薄くなっていることでも発生します。

 

これは歯の再石灰化が上手くいっていない証拠であり、虫歯菌が生み出す酸によって歯が解けていることを表しています。
対策としては唾液の分泌を促す食生活を実践し、フッ素を含む歯磨き粉を使いましょう。
唾液は虫歯菌の働きを抑制してくれますし、フッ素は歯の再石灰化を促す作用があるからです。

 

ホワイトニングの費用について知りたい人向けの情報です。詳しくはここ