歯の色とホワイトニング

MENU

歯の色とホワイトニング

ホワイトニングの前後には歯の色を測定しますが、
その際の「歯の色見本」としては、
ドイツVITA社のシェードガイドが世界中で一番多く使用されています。

 

このシェードガイドは「色調」をA(赤茶色系)・B(赤黄色系)・C(灰色系)・D(赤灰色系)の4つに区分し、
「明るさ」を1〜4の順番に分類しています。
これを明度の高い順に並べるとB1、A1、B2、D2、A2、C1、C2、D4、A3、D3、B3、A3.5、B4、C3、A4、C4の16段階です(D1はありません)。
シェードガイドに基づくと、
日本人の歯はA3〜3.5、アメリカ人の歯はA2〜2.5が平均的な明度と言われています。

 

ホワイトニングにおいては歯が白くなった(明度が高くなった)ときにD3シェードがA1シェードになったというように表現しますが、
最も歯を白くし易いのはAタイプで白くし難いのがDタイプです。

 

ホワイトニングにあたっては現在の歯の色を正確に測定します。
測定には「北側の自然光が良い」とされていますが、
ホワイトニングを行う歯科医院などでは人工太陽照明灯なども使用されているようです。
続いて肌・唇・髪の毛の色などを考慮してその人にあった明度を決定し、
それに基づいて施術が行われることになります。

 

日本人にはA1程度のシェードが適しているようです。
このA1程度であればホワイトニングによってだれでもが獲得できる明度ですし
だれが見ても「歯の色が白くてきれい」と感じられるので、
ホワイトニングはB1かA1のシェードを目標にすることが多いと言われます。
なおVITA社のシェードガイドで最も明度の高いB1
よりもさらに明るい白を示したホワイトニング専用のシェードガイドとして、
スイスIVOCLAR社の4段階の明度のものも使用されているようです。

 

http://www.candc-dental.com/